個人の転職エージェント、転職系のサロンと関わるな

転職

昨今、うさんくさい就活サロンや個人の転職コンサルタントが徘徊していて思うところがあったで彼らがどういった存在なのかについて語っていこうと思います。

個人の転職エージェントとは

大手の転職エージェントとしてリクナビ、マイナビ、パソナ、doda等があります。
こうした企業として転職者の支援を行っているのが大手の転職エージェントになります。


それに対して個人で転職者の支援を行っているのが個人の転職エージェントになります。
個人の転職エージェントのキャリアは様々で大手の転職エージェントでの経験を得て独立する人もいれば、自身の転職経験を活かして独立する人、全くの未経験から独立する人等様々です。


個人の転職エージェントのメリット

①転職者一人一人に寄り添ってくれる

個人の転職エージェントのメリットは大手のエージェントと比べてより転職者に寄り添って親身になって話を聞いてくれる傾向にあります。

企業所属の場合は転職者との面談以外にも様々な仕事が存在するため、転職者一人一人に対してかけれる時間が少ない傾向があります。



しかし、正直個人の転職エージェントは時間的余裕があるから転職者に寄り添ってくれる以外のメリットがなく、圧倒的にデメリットの方が多いです。

個人の転職エージェントのデメリット

①紹介できる求人が圧倒的に少ない

個人の転職エージェントは大手と比べて紹介できる求人が圧倒的に少ないです。大手のエージェントの方が知名度があるのでより多くの企業が求人を掲載します。


また、求人数が一定以上になると手動での管理は不可能なので求人管理システムを導入する必要がありますが、個人の転職エージェントは予算の都合上そのようなシステムを導入することができないのも求人が少ない理由の一つです。


さらに言えば求人情報というものは各企業のがどんな人材を欲しがっているかという企業の戦略を示すものの一つです。したがって企業側としてもすべての求人情報を公開するわけにはいきません。



なので大手のエージェントには非公開求人というものが存在し、各企業が高い待遇を払ってでも本当に欲しい人材の求人は非公開となっていることが多いのです。



こうした掲載側企業の重要な情報が個人の転職エージェントに開示される訳がないので、個人の転職エージェントの保持する求人は非力なものになってしまいます。


なので彼らが親身になって話を聞いてくれたとしても出せるソリューションは自分の知っている数少ない知り合いに転職希望者を横流しすることだけです。


結果的に待遇の悪い零細企業を紹介されて、一時の心地よさ、安心感にかまけて元の企業よりも悪い環境に放り込まれて終わりです。

②転職成功事例が圧倒的に少ない

当たり前ですが大手の転職エージェントと比べて個人の転職エージェントは転職させてきた数が違います。大手の転職エージェントはどんな傾向の転職者どんな企業に転職したか、そして転職後の状況をデータで管理しており、過去の膨大なデータを活かして転職者に最適な企業を紹介しています。


大手の転職エージェントは時間経過とともに転職成功率を上げられる仕組みづくりができています。個人の転職エージェントの持っているデータでは到底太刀打ちできません。戦車に素手で向かっていくようなものです。

③クオリティが保証されていない


大手の転職エージェントであれば研修が充実しており、いい意味で企業としての方針、パターンが定まっています。



しかし、個人の転職エージェントの場合は社会人経験があれば誰でもなれてしまうためにクオリティが保証されていません。



なので、データも実績も保持していない、話だけが旨い人に丸め込まれてしまう危険性があるので注意が必要です。

④コンサル料を請求してくるケースがある

個人の転職エージェントの一番達が悪いケースはコンサル料やサロン会費等を請求してくるケースです。


そもそも転職の世界というのは採用側の企業が求人掲載料や転職成功時の紹介料を転職エージェントに支払うことで成り立っており、転職者に費用を請求することがありません。


つまり、転職に関するコンサルティングは本来無料で受けられるものです。しかし、個人の転職コンサルは扱っている企業の規模の問題で求人の掲載料や転職成功時の紹介料が乏しいケースが多いです。なのでそういった彼らの個人的な問題のしわ寄せが転職希望者に来てしまっているというのが現状です。


心理的な不安に付け込まれて意味のないコンサルにお金をむしり取られないように十分な注意が必要です。

まとめ


転職希望者にとって一番重要なことは自分の人生をより良くする職場に転職することです。

なので一時の気の迷いや心地よさで自分の人生を棒に振ってはいけません。そのためにはいくつもエージェントの中から自分が信頼できる転職コンサルタントを探す努力、そして自分自身のスキルを常に磨き続ける努力が必要不可欠です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました